お手入れの暦

着物をお手入れする際に、

”文庫紙 (たとう紙)”を取り換えましょう。

一般的に販売されている”文庫紙 (たとう紙)”の多くは、長期使用に耐えるようなものではありません。ある程度時間が経過すると劣化します。

光に当たったり、湿気を帯びたり、空気中の酸素や熱の影響を受けると、紙が黄色や茶色などに変色したり、シワになったり、破れる等がそれにあたります。

お手入れした着物類を劣化した”文庫紙 (たとう紙)”に包んで保管してしまうと、変色やカビが生地に移ってしまう事があります。

一見、”文庫紙 (たとう紙)”が劣化していなくても、着物のお手入れ時期を目安に新品と交換する事をお勧めします。


着物類のお手入れは、最低でも年に2回はおこないましょう。

着物類に湿気は大敵です。特に、正絹は注意が必要です。

湿気の多い所へ長く置きますと、布地にカビが生えたり、白地が黄褐変したり、複雑なトラブルが生じます。着用回数が多いものは、その都度お手入れしたりクリーニング等に出すので概ねコンディションは保たれます。

しかし、一度も着用しない着物類はお手入れする事が少ないので、トラブルに気づかない可能性が高くなります。

ウール素材の着物類は、他の素材と比べて虫が付く確率が高いようです。このような害虫は、主に夏場に発生しやすいので注意が必要です。

近いうちに着物類を取り出し、全体を点検する事をお勧めします。


お手入れする時期の目安

【寒干し】1月下旬~2月上旬

【土用干し】7月下旬~8月上旬

【虫干し】9月下旬~10月中旬


着物は裏返してから”衣紋掛け”にかけます。

いづれも(1週間ほど)晴天が続いた天気の良い日に(正午を挟んだ4時間程度)、直接日光の当たらない風通しの良い場所で干します。寒干しは数時間でも虫干し効果があります。

早朝・夕方は湿度が高いので虫干は避けましょう。

着物の汚れ(変色)や綻び、虫食いがないか点検し、場合によってクリーニング等へ出しましょう。

着物をしまう前には、収納ケースやタンスの掃除をしましょう。防虫剤や除湿剤も交換して、保管環境を整えましょう。


文庫紙・たとう紙とは 着物のお手入れと保存

お知らせ

株式会社ユーセレクトは和装に関わる皆様のために様々な商品を取り揃えております。


2018/08/18

♦サイトを一部リニューアル。文庫紙特価品を追加しました。

2018/07/20

♦「2019年カレンダー」のカタログを追加しました。期間商品をご覧ください。

♦WEBサイトリニューアル致しました。なお、当サイトは、タブレット端末、スマートフォンでも御覧いただけます。

※(一部端末、ブラウザなど)環境により表示が乱れる場合がございます。これに伴い、携帯用のサイトは閉鎖させていただきました。

おすすめ商品一覧

きものの友

きものの友
シートサイズ25x80cm(75丁)
小袋サイズ14.8x10cm(6個)
品質表示シリカゲル

内容量 小袋:35g

品番:W-0007 (税別)

シート1個 ¥800

シート10個

¥7,500

シート30個

¥16,500

小袋50個

¥25,000

特徴

大切なお召し物を湿気、シミ、カビ、色あせから守ります。

虫干しの必要がありません。

湿気による記事の縮みを防ぎます。

日に干すだけで簡単に再生。繰り返し使え、たいへん経済的です。

防虫剤と併用して差し支えありません。

乾燥剤シリカゲルは吸湿してもベとつきません。

半年から1年間は取り替える必要がありません。(温度湿度により若干異なります)

使用方法

袋から取り出してそのままお使いください。

なるべく底の方に敷いてお使いください。

衣裳箱などに使用する場合は、適当な大きさに切ってお使いください。

再生シグナルがピンクに変わったら、直射日光に半日以上あてて干してください。ブルーに戻ったら、再び使用できます。

標準使用量

■シートタイプ

【タンス1盆】1~2シート【衣裳箱】1/2~1シート(1回約120ml)

■小袋タイプ

タンスの引き出しや衣裳箱に1~2袋(1回約150ml)

コラム

年に1度も虫干しできない?!面倒ではありますが、虫干しは着物や帯の状態を確認できる機会です。

 和装関連のサイトを拝見すると、「着物を干しましょう。」といった文言が多いです。製作・販売側も購入側も、「着物や帯などを良い状態で保管して欲しい・保管したい。」と望むのは当然の事です。道理は理解できていても、近年の住宅事情などもあり案外面倒だったりします。せっかく手に入れた素敵なお召し物。できる範囲気に留めて保管状態を良くしておきたいですよね。虫干しをほとんどしない方はこれを機に、”虫干し=面倒”という発想を転換してみてはいかがでしょう。

 虫干しは単に”手入れ”をするだけでなく、布に施された美しい柄を愛でたり、気分に合わなくなった物を選別したり、着物や帯をご友人などに披露して話に花を咲かせる機会になります。時には着物や帯をリサイクルするアイデアが浮かぶかもしれません。

できる範囲の虫干とは。性格・環境などを考えて徐々に片付ける工夫を。

 全てを一気に虫干しできればスッキリしますが、そう簡単にいかない場合もあります。全てを虫干ししようと考えると面倒になるので、干せるだけ数枚・数本を数日繰り返すという手もあります。虫干しできていない物を通常の保管場所から取り出しておく工夫もしましょう。手入れが終わったお召し物を入れる前に、保管場所は湿気やゴミなどを取り清潔にしておきます。

虫干し時の おすすめ商品

 虫干しができない場合でも年に数回、乾燥剤の吸湿チェックをしましょう。"きものの友"

 盲点?!着物ハンガーは劣化していませんか?"着物ハンガー(衣紋掛け)"

 着物を広げたり、畳む際には床のゴミ・ワックス・イグサなどに注意!敷紙を使いましょう。"衣裳敷紙・たたみ敷紙"

 劣化した紙箱は新しいものに交換しましょう。"衣裳箱"

 文庫紙(たとう紙)は着物や帯に一番近いもの。状態を見極めて早めの交換を。"文庫紙"

お手入れの暦

着物をお手入れする際に、

”文庫紙 (たとう紙)”を取り換えましょう。

一般的に販売されている”文庫紙 (たとう紙)”の多くは、長期使用に耐えるようなものではありません。ある程度時間が経過すると劣化します。

光に当たったり、湿気を帯びたり、空気中の酸素や熱の影響を受けると、紙が黄色や茶色などに変色したり、シワになったり、破れる等がそれにあたります。

お手入れした着物類を劣化した”文庫紙 (たとう紙)”に包んで保管してしまうと、変色やカビが生地に移ってしまう事があります。

一見、”文庫紙 (たとう紙)”が劣化していなくても、着物のお手入れ時期を目安に新品と交換する事をお勧めします。


着物類のお手入れは、最低でも年に2回はおこないましょう。

着物類に湿気は大敵です。特に、正絹は注意が必要です。

湿気の多い所へ長く置きますと、布地にカビが生えたり、白地が黄褐変したり、複雑なトラブルが生じます。着用回数が多いものは、その都度お手入れしたりクリーニング等に出すので概ねコンディションは保たれます。

しかし、一度も着用しない着物類はお手入れする事が少ないので、トラブルに気づかない可能性が高くなります。

ウール素材の着物類は、他の素材と比べて虫が付く確率が高いようです。このような害虫は、主に夏場に発生しやすいので注意が必要です。

近いうちに着物類を取り出し、全体を点検する事をお勧めします。


お手入れする時期の目安

【寒干し】1月下旬~2月上旬

【土用干し】7月下旬~8月上旬

【虫干し】9月下旬~10月中旬


着物は裏返してから”衣紋掛け”にかけます。

いづれも(1週間ほど)晴天が続いた天気の良い日に(正午を挟んだ4時間程度)、直接日光の当たらない風通しの良い場所で干します。寒干しは数時間でも虫干し効果があります。

早朝・夕方は湿度が高いので虫干は避けましょう。

着物の汚れ(変色)や綻び、虫食いがないか点検し、場合によってクリーニング等へ出しましょう。

着物をしまう前には、収納ケースやタンスの掃除をしましょう。防虫剤や除湿剤も交換して、保管環境を整えましょう。


文庫紙・たとう紙とは 着物のお手入れと保存

着物・羽織・長襦袢のたたみ方

ご覧になりたい画像をクリックしてください。ポップアップモーダルウインドウで表示されます。

長襦袢のたたみ方
デニム用文庫紙紙